桐たんす、和家具からテーブル、机までお造りする職人です。また漆塗りの職人でもあります/指物師、漆塗師~京都の大東漆木工

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

桧の戸棚箪笥、水屋箪笥

IMG_0276.jpg

 桧の戸棚箪笥です。水屋箪笥というかもしれません。

 
IMG_0291.jpg

 上下、二つに分かれます。框(骨、軸組)は、桧で、天板など板の部分は、杉です。

 この戸棚箪笥(水屋箪笥)は、修理して再生したものです。


IMG_0348.jpg

 積み重ねると、こんな感じで、大分、大っきいです


大津か大阪の水屋箪笥 

 元はこんな風に大分傷んでいました。お客様は、滋賀県の大津の方です。

 先代の時、戦時中に、空襲のため、大阪から大津に、ご一家で、引っ越されたそうです。

 この戸棚箪笥(水屋箪笥)は、大阪おられた時から使ってられたそうです。


水屋箪笥を洗う

 埃まみれなので、まず、洗ってから修理します。
 

柾目に割った桧

 目の通った柾目の桧材です。何に使うのかと言いますと、


水屋箪笥、再生、骨組みを新しく替える

 水屋箪笥(戸棚箪笥)の骨組み(框組)の修理に使いました。


水屋箪笥、解体修理

 古い水屋箪笥(戸棚箪笥)ですが、具合が悪いところが多かったので、板を外して骨組みだけにしました。 

水屋箪笥、具合いの悪い框を外す

 さらに、その骨組み(框組)の悪い、傷んでいる部材を外し、


水屋箪笥、框を取り替える

 新しい桧で造った部材に替えました。
 
 京都や滋賀近江地方の、伝統的な水屋箪笥は、桧の骨組みでできています。
 
 ですから、新しく部材を替える場合も桧を使います。


水屋箪笥、修理、ホゾの納まり

 古いホゾと新しい部材の様子です。


水屋箪笥、敷居の納まり

 敷居の溝は、固めの木をはめ込みます。


水屋箪笥、脚回り

 この水屋箪笥の下回りは、ほとんど替えました。


水屋箪笥、桧材

 木目のきれいな桧です。大変よい香りがします。


IMG_1850.jpg

 こちらは、幅広く糊で接ぎ合わせた杉板です。鉋で削って仕上げます。


IMG_1862.jpg

 天板や、


IMG_0139.jpg
 
 棚板になります。


IMG_0208.jpg

 本体の修理が終わりました。


IMG_0200.jpg

 こんな感じです。


IMG_0220.jpg

 引き戸も直して合わせてはめ込ます。

 引き出しの前板は、空襲を受けたのか、焼けて焦げていたので、新しくしました。


IMG_0170.jpg

 引き戸の収まり具合です。


IMG_0184_20131210150746704.jpg

 戸板も接ぎ合わせ直し、鉋で削って仕上げます。


IMG_0262_0001.jpg

 直し終わったら、弁柄朱(べんがら)と、煤(すす)で色を付けて、


IMG_0266.jpg

 柿渋と、えごま油を引いて、浸み込ませて、仕上げます。


IMG_0280.jpg

 こんな感じの仕上がりです。一寸伝統的なやり方です。


IMG_0367.jpg

 迫力満点の、水屋箪笥というか、戸棚箪笥です。

 
お問い合わせは、こちらです。



ブログ村へクリック頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

関連記事
スポンサーサイト
2013-12-10 : 水屋箪笥 : コメント : 4 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
さすがです!
ほとんど修理なのですね、
素人的には新品で作った方が速そうですが、
愛着が有る物を新品同様に、
再現して貰ったら感激でしょう(*^^)v
2013-12-11 07:38 : SUN太郎 URL : 編集
Re: No title

 修理の仕方は、色々で、いつもお客様と、よく打ち合せさせて頂いてから、作業しています。

 最初、お客様の御宅で、現物を前に打ち合わせをしたり、

作業を始めた頃、お客様にお越し頂いて打ち合わせをしたり、

また、作業の終わり頃、仕上げをどうするかご相談させて頂いたりします。

 普通は、お会いして打ち合わせさせて頂きますが、

遠方のお客様の場合は、メールで、画像をやりとりしたりと打ち合わせの仕方も、色々です。
 
2013-12-12 15:16 :  大東 URL : 編集
No title
今年一年お世話になりました。
来年もよろしくお願い申し上げます。

大東さんとご家族様のご健康をお祈り申し上げます。
良いお年をお迎えください。
2013-12-31 08:42 : たっつん URL : 編集
Re: No title

 こちらこそ、昨年は、お世話になりました。

 今年もよろしくお願い申し上げます。

 幸せが、いっぱいありますようにお祈り申し上げます。
2014-01-01 09:36 :  大東 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

 大東伸哉・おおひがしのぶや

Author: 大東伸哉・おおひがしのぶや
 京都生まれ
 主にオーダーで、桐たんすをはじめ、水屋箪笥、机等、無垢の木で家具を造っています。
 漆塗りの職人(塗師)でもあります。
 桐箪笥や和家具の洗い修理、再生(リフォーム)や、漆の塗り直し等もしています。
Nobuya Ohigashi

バナーを作成

ウチのお店の近況です

大東漆木工(おおひがしうるしもっこう)


ウチのお店の近況です。 どなたでも、ご覧頂けます。 ぜひご覧ください。

最新記事

お問い合わせ頂けたら嬉しいです

お問い合わせは、下記のメールフォームか、ホームページよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック


にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。