桐たんす、和家具からテーブル、机までお造りする職人です。また漆塗りの職人でもあります/指物師、漆塗師~京都の大東漆木工

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

桐たんすと法隆寺

法隆寺

 桐たんすと法隆寺とには、色々と共通点があります。
 その中の一つの、に関しての話をしてみたいと思います。

桐たんす製造、木釘を削る
 
 桐たんすに使う木釘です。使い方が普通の釘とちがって、ちょっと難しいです。
 まず、下穴を開ける錐に合わせて、木釘を削ります。

桐たんす製作、木釘を合わせる
 
 実際に桐の板に下穴を開けて確かめています。

桐たんす製造、木釘の利き具合

 組み合わせる2枚の桐の板に、木釘がきっちり利くかどうか確かめている所です。
 
 木釘は普通の釘と違って、胴体全体で利きますのでこのような調整が、どうしても必要です。
 
 普通の釘は、洋釘と言って明治以降に西洋から入ってきたものですが、頭の輪で効くようになっています。


法隆寺


 この木釘とよく似た形をした物に、和釘があります。鉄で出来ておりますが、胴全体で効かすという所は、木釘と同じで、日本古来のものです。
 
 和釘の大きい物は、1尺(30cm)を越え、法隆寺や薬師寺にも使われています。
 つまり、桐たんすに使う釘と法隆寺や薬師寺の釘の形は、同じです。

法隆寺


 桐たんすは、三代、約百年位しか持ちませんが、法隆寺はその十倍以上の時を経ています。
 
 長く釘を持たすということに関して、明治以降の洋釘と比べて、日本古来からの体全体で効かす、和釘や木釘のほうが、手間は、かかりますが、優れているようです。

 短期的には、効率が悪いが、長い目で見ると効率が良いという事でしょうか。

 こういう古来からの色々な、知恵や手間や汗の結晶が、法隆寺や薬師寺なのかもしれません

法隆寺

 

 ところで、この木釘ですが、炒ってから、使います。

桐たんすに使う木釘を煎る
 
 木で作った釘をフライパンで煎っております。
 香ばしい香が立ち込めています。

 桐の板を組み付けて桐たんすを造るのに使うのですが。

桐たんすの引き出しを木釘を使って組み付ける
 
 木釘は削ってから、使う前にフライパンで煎ります。
 香ばしい香りがしてきたら出来上がりです。
 なぜ、煎るかと言いますと、熱を加えることによって、カリッと木釘が、硬く硬化するからです。 
 ただ、この煎り方も、ちょっとコツが要ります。、

桐たんすに使う小さ目の木釘を煎る
 
 こちらは、少し小さい目の木釘でが、
 小さく細い木釘は特に、弱火で時間をかけてゆっくりと熱を加えます。
 強火であわてて焦がしてしまいますと、もろく弱い木釘になります。
 ですから、分厚い鉄板のフライパンや冬はストーブの上に乗せて気長に煎ります。


 桐たんす、引出し底板を木釘で止める
 
 何かと、手間のかかる木釘ですが、桐たんすの作業には、分厚いフライパンが必要です。

お問い合わせは、こちらです。


ブログ村へクリック頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ


関連記事
スポンサーサイト
2012-06-02 : 桐たんす : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
おはようございます。
岩手でも金具のたくさんついた箪笥がつくられていますが
木釘にはウツギの木がよく使われると聞いたことがあります。
下穴、釘の削り方、打ち込む角度が出来上がりを決めるのとか。
以前、背板が反って外れている衣装箪笥入手したのですが木釘が覗いていました。
手っ取り早く細い木ねじで直して、今はテレビ台として使っていますが、
古いものなのでなかなか趣きがありますね。
2012-06-07 07:30 : kaz URL : 編集
Re: No title
> おはようございます。
> 岩手でも金具のたくさんついた箪笥がつくられていますが
> 木釘にはウツギの木がよく使われると聞いたことがあります。
> 下穴、釘の削り方、打ち込む角度が出来上がりを決めるのとか。
> 以前、背板が反って外れている衣装箪笥入手したのですが木釘が覗いていました。
> 手っ取り早く細い木ねじで直して、今はテレビ台として使っていますが、
> 古いものなのでなかなか趣きがありますね。

コメントありがとうございます。
作業台の脚、また、参考にさせて頂きます。
2012-06-09 08:30 :  大東 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

 大東伸哉・おおひがしのぶや

Author: 大東伸哉・おおひがしのぶや
 京都生まれ
 主にオーダーで、桐たんすをはじめ、水屋箪笥、机等、無垢の木で家具を造っています。
 漆塗りの職人(塗師)でもあります。
 桐箪笥や和家具の洗い修理、再生(リフォーム)や、漆の塗り直し等もしています。
Nobuya Ohigashi

バナーを作成

ウチのお店の近況です

大東漆木工(おおひがしうるしもっこう)


ウチのお店の近況です。 どなたでも、ご覧頂けます。 ぜひご覧ください。

最新記事

お問い合わせ頂けたら嬉しいです

お問い合わせは、下記のメールフォームか、ホームページよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック


にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。