桐たんす、和家具からテーブル、机までお造りする職人です。また漆塗りの職人でもあります/指物師、漆塗師~京都の大東漆木工

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

職人の手先、手道具

職人の指先

 私の指先です。

 指先の長い、器用そうな手先とは、正反対です。


 子供に、「先っぽをぶつ切りにしたような指やなあ。」と言われたこともあります。


職人の手先

 ただ、小学生の頃、図工の時間が好きで、先生によく褒められました。

 でも、「上手い」とはあまり言われませんでした。

 大抵は、「発想が面白い」とか、「元気があってよろしい」とかいった言われ方でした。


玄能を使う
 
 職人は、手先が器用であることに越したことはありません。

 しかし、職人は、手先や、指先で仕事をするわけではありません。


 職人の手先は、トンカチであったり、


鋸を使う

 鋸であったりします。

 こういった手で使う道具が、職人の手先になります。


 
柄と別に玄能を買う

 ですから、私共職人は、道具に、ほんのちょっと、気を使います。

 例えば、トンカチ(金槌、ゲンノウ)は、玄能と柄を別々に買って、好みに合わせて、太めの柄を削って据えたり、

 
鋸の刃に柄をすえる

 鋸も、高い物は買いませんが、鋸刃だけ買って、好きなように柄を造って仕込んだりします。


鑿の刃

 こちらは、鑿です。

 仕事によって刃の研ぎ角を変えます。
 

玄能で鑿を叩く

 こんな感じで使います。


鉋で削って板を作る

 ウチの仕事では、鉋は、よく使います。

 鉋で削って、材料や、板を造ったり、


鉋で削って引出しを調整する

 桐たんすの引出しや、引戸など鉋で削って、調整して、仕込んだりします。

 こういう作業は、どうしても、鉋という、手道具に頼ることになります。


鉋を掛けて表面を仕上げる

 又、組み付けた物の表面を仕上げたりと、こういったことも鉋などの手道具が向いているようです。


鉋の刃だけ買って、鉋台にすえる

  鉋も、鉋の刃だけ買って台の長さや、刃の仕込み勾配など、使い勝手に合わせて台を別に誂えて、仕込みます。

 鉋などの刃物は、案外、消耗品ですので、そんなに高級品ではなく、実用品の、良い物を買います

 気に入った道具ほど、よく使うので刃がチビてしまいます。


特殊な鉋や鑿やノコギリ

 丸に削るカンナや丸い鑿、ちょっと変わった形の鉋や鋸なども、ちょっとした時使います。


漆のヘラを使う

 漆塗りに使うヘラです。
 
 ウチでは、漆塗りも、自分でしますので、このような漆塗りの道具も使います。


漆刷毛を使う
 
 漆塗りに使う漆刷毛です。

 人の髪の毛でできています。

 漆刷毛を造る職人さんは、今はもう、日本に2人しかおられません。


漆刷毛を削り出す

 漆刷毛は、こんな風に削り出して使います。鉛筆と一緒です。

 こんな包丁や、小刀や鉋で、削り出し調整します。 
 

漆箆を削り出し調整

 漆箆も同じように、削り出して、しなり方を調整して使います。

 漆のヘラもハケも段々と短くチビてきます。職人の使う道具は、値が張りますが、消耗品です。

 
漆箆を使って布着せ

 ヘラは、布を貼ったり

 
漆箆を使って下地付け

 さらに漆の下地を付けたり、材料を混ぜたり、練ったりと、漆塗りには、欠かせない道具です。

 使い方によって、ヘラの調整も変わります。

 職人は、モノの大きさや、形によって、材料の割合を変えたり道具の調整を変えます。


漆刷毛を使って朱漆を塗る

 箪笥の引出です。漆刷毛を使って朱漆を塗っているところです。

 漆刷毛は、幅が1分から2寸まで(3mm~62mm)までありますが、ウチの仕事では幅の広い刷毛を多く使います。


漆刷毛を使って黒漆を塗る

 箪笥の本体に、黒い漆を塗っているところです。

 ウチでは、家具など大きいものや、広い面に漆を塗ることが多いです。

 ウチの仕事に合うように、漆の調合や、漆刷毛の調整をします。

 
漆塗りの箪笥の完成
 
 漆塗りの箪笥が出来上がったところです。

 木地の作業から、漆の作業まで、色々な道具をよく調整して使いますと、

 そしたら、器用でなくても、それなりの仕事ができます。


 
漆塗りの箪笥の内側

 いろんな手道具が、指先や、手先になって仕事をします。

 ところで、よく「えっ!、漆塗りまで、ご自分でなさるんですか!」とか、

 「えっ!、木地も、ご自分で造られるんですか!」とか、びっくりして言われます。


漆塗りの箪笥の中は桐

 このブログの記事を書いている時も、テレビ局の方から電話があって、

そのことでびっくりされて、「えっ!本当ですか!」と何度も聞かれました。


「はい、木地から、漆塗りまで、自分でする、一寸ずれた、職人です。」
 
お問い合わせは、こちらです。


ブログ村へクリック頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
関連記事
スポンサーサイト
2013-06-06 : 道具、機械、手技 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

 大東伸哉・おおひがしのぶや

Author: 大東伸哉・おおひがしのぶや
 京都生まれ
 主にオーダーで、桐たんすをはじめ、水屋箪笥、机等、無垢の木で家具を造っています。
 漆塗りの職人(塗師)でもあります。
 桐箪笥や和家具の洗い修理、再生(リフォーム)や、漆の塗り直し等もしています。
Nobuya Ohigashi

バナーを作成

ウチのお店の近況です

大東漆木工(おおひがしうるしもっこう)


ウチのお店の近況です。 どなたでも、ご覧頂けます。 ぜひご覧ください。

最新記事

お問い合わせ頂けたら嬉しいです

お問い合わせは、下記のメールフォームか、ホームページよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック


にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。