桐たんす、和家具からテーブル、机までお造りする職人です。また漆塗りの職人でもあります/指物師、漆塗師~京都の大東漆木工

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

水屋箪笥と宮大工さん

水屋箪笥を納める

 滋賀県大津市のお客様のお宅に水屋箪笥を納めました。


先々代の宮大工さんが造られた水屋箪笥

 写真では、分かりにくいと思いますが、修理再生です

 写真のお客様の先々代の弟さんが宮大工をされていて、その方が17歳の時に、この水屋箪笥を造られたそうです。

 その宮大工さんは、19歳で、早逝されたそうですが、以来、宮大工さんの水屋箪笥が代々使われ、伝わってきたそうです。


100年前に宮大工さんが造られた水屋箪笥

 写真は、修理する前に撮ったものですが、

 宮大工さんが、亡くなられて、すでに100年以上経つそうです。


長年、使われた宮大工さんの水屋箪笥

 大分傷んできたので、ここで直して、また、お子様やお孫様に伝えたいということでした。

 「前側だけ残して、内側と、後側は、使いやすいように新しく造り直してください。そしたら、また伝わっていくと思います。」とのご注文でした。


洗った状態の水屋箪笥

 まず、水屋箪笥を水を流しながら、よく洗います。洗って乾かしたところです。


水屋箪笥、框組、修理、墨つけと加工

 さらに水屋箪笥を解体し前側だけ残し、前側に合わせて新しく檜材で框組(軸組)を造ります。

 スミつけと加工の様子です。


水屋箪笥の框組を替える

 前側の框組の古いホゾ穴を埋めたり新しくホゾ穴を開けて水屋箪笥の框組を新しく替えます。


水屋箪笥、框組、修理

 横側の上下の框は、蟻組で、繋ぎます。


後框の組手

 後框の組手の様子です。


水屋箪笥、檜の框組と杉板

 前面をそのままにして側面と後側を新しく代えて、直ました。

 普通、水屋箪笥の框組(軸組み)は、目の通った桧を使います。

 そして、側面や、裏面や、天板や、棚板には、杉材を接ぎ合わせた板を使います。


水屋箪笥、杉板を接ぎ合わせる

 水屋箪笥の裏板に使う杉板を接ぎ合わせているところです。


水屋箪笥、杉板のカンナがけ

 接ぎ合わせた杉板は鉋がけして仕上げます。
 

水屋箪笥、棚板、杉板のカンナがけ

 棚板には、ちょっと、程度の良い杉材を使いました。


水屋箪笥、引き戸と敷居の修理

 水屋箪笥の引戸と敷居の修理の様子です。継ぎ足したり、部分的に代えたりして直して、調整します。


水屋箪笥、前側框の鉋がけ

 そのまま使う前側の古い框は、鉋がけをして、木地を整えます。


水屋箪笥、いろんな鉋で鉋がけ

 入り込んだ所等も、いろんな鉋や、刃物で仕上げます。結構いろんな道具を使うものです。

 
木地の修理が終わった水屋箪笥

 水屋箪笥の木地の修理が終わったところです。


水屋箪笥、弁柄塗り

 そしたら、弁柄とすすを塗り、柿渋を引いて、えごまの油で拭き上げます。


水屋箪笥、弁柄を塗って組み付ける

 弁柄塗りが、終わったら、戸板など組付けます。
 

水屋箪笥、弁柄塗り仕上げ

 建具をはめてみます。


水屋箪笥、内側の様子

 この水屋箪笥の上側の引戸を開けたところです。

 棚は、取り外し可能です。


水屋箪笥、下側、棚の様子

 下側も同様、棚は取り外し可能です。


水屋箪笥、下側、可動式棚の様子

 可動式の棚を造って下さいということで、このような棚を別に造りました。


水屋箪笥、上側、可動式棚の様子

 上側にもおけるように、同じような持ち運びの出来る棚を、3つ寸法を変えて造りました。


水屋箪笥、再生

 弁柄を塗って仕上げて再生した、宮大工さんの水屋箪笥です。

 腕の良い宮大工さんに多少でもあやかれますように…


お問い合わせは、こちらです。


ブログ村へクリック頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ



関連記事
スポンサーサイト
2013-04-27 : 水屋箪笥 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

 大東伸哉・おおひがしのぶや

Author: 大東伸哉・おおひがしのぶや
 京都生まれ
 主にオーダーで、桐たんすをはじめ、水屋箪笥、机等、無垢の木で家具を造っています。
 漆塗りの職人(塗師)でもあります。
 桐箪笥や和家具の洗い修理、再生(リフォーム)や、漆の塗り直し等もしています。
Nobuya Ohigashi

バナーを作成

ウチのお店の近況です

大東漆木工(おおひがしうるしもっこう)


ウチのお店の近況です。 どなたでも、ご覧頂けます。 ぜひご覧ください。

最新記事

お問い合わせ頂けたら嬉しいです

お問い合わせは、下記のメールフォームか、ホームページよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック


にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。