桐たんす、和家具からテーブル、机までお造りする職人です。また漆塗りの職人でもあります/指物師、漆塗師~京都の大東漆木工

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

桜、書斎机(拭漆デスク)

お客様に納めた桜の書斎机

 今回は、以前、お客様のご注文でお造りした、桜の書斎机(デスク)を紹介したいと思います。


お客様に納めた桜のデスク

 幅1130x奥行700x高さ730mmで、結構大きなデスクです。


桜の書斎机、デスク

 厚さ3cmの桜の無垢材を使って、造りましたので、すごく頑丈です。


 桜のデスク
 
 無垢の桜の木ですので、ちょっと重たいですけど、何年でも使えると思います。

 お客様は、大学の先生でしたが、この机で一生お勉強されることと思います。


桜の書斎机、引き出しを開ける

 仕上げは、漆を使いました。

 生漆を何回も浸み込ませては、拭き込むことを繰り返す拭き漆という仕上げです。

 漆黒という言葉がありますが、拭き漆は、暗褐色の色と艶が出ます。

  詳しくは、こちらをご覧ください



桜の書斎机、引き出しは、桐材です

 引き出しの内側は、を使いました。

 引き出しは、軽く、狂いにくい桐が一番使いやすいです。


桜の書斎机と引き出し、木地

 漆で仕上げる前の、木地の様子です。

 本体は、桜の無垢材を使い、引き出しの内は、桐です。


桜のデスク引き出し前側

 引き出しの前側の様子です。


桜の書斎机、引き出し、先側

 引き出しの先側(後側)の様子です。


桜のデスク、引き出し底板を削って合わせる
 
 引き出しの底板を削って合わせる様子です。 
 

桜の書斎机、引き出し、側板をあわせる。

 引き出しの側板を削って調整している様子です。

 桐たんすの引き出しを仕込むのと同じやり方です。


桜のデスク、引き出し、上端を合わせる

 やはり、鉋を使って、手作業で行いますと、精度が上がります。


桜の書斎机、構造

 桜の書斎机の天板を組み付ける前の様子です。


桜の書斎机、天板、胴板、留形隠し蟻組み接ぎ

 天板と胴板は、隠し蟻組で組み付けました。

 正式には、留形隠し蟻組接ぎと呼びます。
 

桜のデスク、天板加工

 天板を裏返して、加工している様子です。


桜の書斎机、束

 左右二つ割りの引き出しを受ける棚板と、天板をつなぐ部材をと呼びますが、


桜の書斎机、天板と束、蟻ホゾの吸い付き

 束は、蟻ホゾと蟻溝で、天板と棚板に吸い付きます。

 まず、外れることはありません。


 桜の書斎机、引き出し棚板のホゾ加工

 棚板と胴板のホゾ組の様子です。


桜のデスク、幕板のホゾ加工

 棚板と幕板のホゾ組の様子です。


桜の書斎机、桜材

 厚さ、約3cmに挽いてもらった桜の木です。

 これだけの量の桜の木を使いました。


桜の書斎机、核を入れて接ぎ合わせる

 を入れて接ぎ合わせて


桜の書斎机、鉋がけ

 カンナで削って


桜の書斎机、胴板

 天板や、胴板など、一枚の大きな板にして
 

桜の書斎机、木地

 それを組み立てて、桜の書斎机が出来上がりました。

 ところで、机の一番下に、畳ずりと呼ばれる部分があります。
 
 
桜の書斎机、畳すり、胴板の反り止め

 この畳ずりは、胴板と核で糊を付けずに吸い付けて、胴板の反りを止めます。


桜のデスク、仕上がり

 無垢の桜材を、拭漆で仕上げて、


桜のデスク、納品

お客様の書斎にお納めした、桜の書斎机といいますか、拭漆のデスクです。
 


お問い合わせは、こちらです。



ブログ村へクリック頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
スポンサーサイト
2013-11-10 : 机・テーブル : コメント : 0 :
Pagetop

桜は息が切れる

桜材カンナがけ

 桜を削っています。桜材のカンナがけは木がとても硬いので、息が切れて大変です。。


桜の板材

 桜の板材は、はぎ合わせて一枚の板にすると、比重が大きのでとても重くてやはり息が切れます。

桜、机天板

 この桜の木で、何を造るのかと言いますと、書斎で使う机を造ります。
 きっと、堅牢で頑丈な机ができると思います。

お問い合わせは、こちらです。


ブログ村へクリック頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ


2012-06-12 : 机・テーブル : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

桐の杢/座卓(テーブル)

 桐の杢(木目模様)

総桐テーブル(座卓)の天板の木目模様 

 桐の無垢板で造った座卓(テーブル)の天板の様子です。
 仕上げカンナをかけて、木目が浮き上がったように見えておもしろいです。
 こういう桐の杢は、大きな桐の木の、いわば老木にしか出ません。


 全体的には、こんな感じの桐の無垢板テーブルというか、総桐の座卓です。

桐テーブル、斜めから撮影

総桐座卓、正面から撮影

桐テーブル、桐の机 

 元々は、このような、大変大きな桐の盤でした。
 この桐の板の厚みを、2枚に割って、無垢の桐テーブル(座卓)の材料にしました。
 そして、はぎ合わせて、桐のテーブル(座敷机)の天板を造りました。

20年以上寝かした大きな桐の厚い板

 桐の直径1メートル以上ある、大変大きな桐の木を挽き割って、20年以上寝かしたものです。
 
 表皮にコブがたくさん見えますがが、こういうコブなどによって、面白い桐の杢がでます。 
 そして、こんな表面の凹凸は、いわば、老木にしか見られません。

桐の無垢板の杢
 
 桐の無垢板の製品にしますとこのように木目が浮き上がって見えます。

 桐の無垢板テーーブルの杢目


 20年以上寝かした大きな桐の老木の盤

  畏敬の念さえ感じます。
 

大きな桐の木を分厚く挽き割った桐の盤 

 
  この桐の板は、厚さ10センチに挽き割ったものですが、中心より、大分、外側の、どちらかというと、側に近い部分です。


 木の中心(内側)の方から撮ったものです。 元の桐の木が、大分、大きかったことが分かるかと思います。
  
桐の盤

 車に積んだところですが、断面を見ると、木の中心より、外側に近いことが解ります。
 この部分は、あまり反ったり割れたりしません。安定した部所なので、テーブルの天板に使えます。 
 

  
 この桐の板を使って、総桐の座卓(無垢板、桐のテーブル)を造ったわけです。 
 

 桐の老木の無垢板テーブル
 
 杢目がおもしろい、桐の老木の無垢板テーブルです。

お問い合わせは、こちらです。


ブログ村へクリック頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ


2012-03-27 : 机・テーブル : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

 桧(ヒノキ)のテーブルと焼きたてのパン

 三重県の桑名のお客様に、桧のテーブルと椅子を納品しました。 
 テーブルと椅子は、テラスに設置しました。  
 
桧のテーブルと椅子(ベンチ)

 奥様が、パン焼きの釜をご自分で造られていて、パン焼きをされています。このテーブルでお客様にパンをご馳走されるそうです。


IMG_1878.jpg


私たちにも、奥様が焼きたてのパンをご馳走してくださいました。大変、おいしく頂きました。
 こんなのどかな所で、こんなテーブルで、焼きたてのパンを食べるのは、気持ちいいなあと思いました。そしたら奥様が「羨ましいでしょう」とおっしゃいました。本当に羨ましい限りです。そして、お土産にと、焼きたてのパンを沢山持たせてくださいました。

桧のテーブルと焼きたてパン

お問い合わせは、こちらです。


  
ブログ村へクリック頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ


2011-12-21 : 机・テーブル : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

 大東伸哉・おおひがしのぶや

Author: 大東伸哉・おおひがしのぶや
 京都生まれ
 主にオーダーで、桐たんすをはじめ、水屋箪笥、机等、無垢の木で家具を造っています。
 漆塗りの職人(塗師)でもあります。
 桐箪笥や和家具の洗い修理、再生(リフォーム)や、漆の塗り直し等もしています。
Nobuya Ohigashi

バナーを作成

ウチのお店の近況です

大東漆木工(おおひがしうるしもっこう)


ウチのお店の近況です。 どなたでも、ご覧頂けます。 ぜひご覧ください。

最新記事

お問い合わせ頂けたら嬉しいです

お問い合わせは、下記のメールフォームか、ホームページよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック


にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。