桐たんす、和家具からテーブル、机までお造りする職人です。また漆塗りの職人でもあります/指物師、漆塗師~京都の大東漆木工

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

漆塗り、漆を合わせて塗る

「漆を塗ろう」と思っても、すぐに塗れるというわけではありません。

 やっぱり、前もって、チョッと、色々と準備をしなければなりません。

朱漆を塗る

 こちらは、箪笥に「朱漆」を塗っているところですが…、、


漆塗り、透き漆と朱の顔料

 「朱漆」は、「透き漆(右側の茶碗の黒っぽい水飴のようなもの)」と「朱の顔料(左側の袋に入った赤い粉)」を混ぜて造ります。


漆塗り、透き漆と朱の顔料を混ぜる。

 こんなかんじで、根気よく漆の中に、顔料を練りこみます。


漆塗り、透き漆と朱の顔料を混ぜて、朱漆を造る

 よく混ざったら、紙や手板に試し塗りします。


漆塗り、いろんな透き漆と、朱の顔料の合わせ加減でいろいろな色の朱漆ができます。

 「透き漆」は、採れる場所や時期によって、性格が違います。「早く乾く」、「黒っぽい」、「粘っこい」、などなど…、

 もちろん「朱の顔料」もいろいろとあリますが…、


漆塗り、透き漆を試し塗りして、朱の顔料を加減して朱漆を造る

 それで、透き漆を試し塗りしたり…、、朱の顔料を加減してたりして、「乾き具合」など色々と試してみて…、

 そうして、やっと…、仕事に合う朱漆を造ることができます。。


漆塗り、そして、朱漆を漉します

 そして、和紙でその朱漆を濾して…、
 

朱漆を塗る
 
 塗って…、、


漆塗り、朱漆を塗って、乾いたところです。

 乾いたらこんなかんじです。

 「青い漆」や、「黄色い漆」も、漆と混ぜる顔料の色が違うだけで、似たような具合です。


漆塗り、透き漆

 ところで、「透き漆」ですが、採れる場所や、時期や、

 「ナヤシ(漆をかき混ぜて漆の粒を均す)」の時間や…、、

 「クロメ(木から採った漆を暖めながらかき混ぜて、水分を飛ばす)」の仕方によって、性格が変わります。


漆塗り、粘っこい透き漆

 こちらの透き漆は、大分粘っこいです。タレにくいですが、ベタッと広いところは塗りにくいです。


漆塗り、透き漆の試し塗り

  試しに塗ってみて、「タレ具合」を見たり、
 
  その他、「早く乾く漆」、「乾きの遅い漆」などあって、それも確かめます。

  早く乾くと楽なようですが、入り組んだ広いところや、夏場は、チョットと「ゆっくり目」に乾くほうが楽です。


漆塗り、透き漆 ツヤ加減

 「ツヤの具合」も、色々で…、それも試しに塗ってみて…、

 仕事に合わせて、いろんな性格の漆を混ぜ合わせて、、ブレンドして、使います。


漆塗り、透き漆 を濾して

 さて、透き漆ですが、顔料を混ぜずに、塗る場合もあります。

 まず何回か、濾して…、


漆塗り、濾した透き漆で、刷毛を洗う

 その「濾した漆」で、刷毛をよく洗って…、


漆塗り、透き漆を、朱の上に塗る

 例えば、こんな風に、朱の上に塗ると…、、


漆塗り、、朱の上に塗った透き漆が乾く

 乾いたら、こんな感じの、「透けたエンジ色」といいますか、「ワイン色」です。

 とろんと溜まった様な感じの塗りですので、「溜塗り」と呼びます。、


漆塗り、朱溜塗りの化粧箱、蓋をあけると鏡台になる

 同じように、、朱の上に透き漆を塗った「朱溜塗りの化粧箱」です。

 蓋をあけると鏡台になリます。


漆塗り、朱溜塗りの化粧箱、蓋を閉めたところ

 蓋を閉めるとこんな具合です。わざと色ムラを付けました。

 厚く透き漆を塗ったところは黒っぽく、薄く塗ったところは、朱色が目立ちます。。


漆塗り、黒漆を塗る

 こちらは、「黒漆」を塗っているところです。

 この「漆の黒色」は、「顔料」や、「カーボン(煤)」をまぜて造るわけではありません。

 この「漆の黒色」は、鉄と反応させて造ります。

漆塗り、黒漆下塗り

 木に鉄釘を打って、雨ざらしにしておくと、、鉄釘の周りが真っ黒な色になります。

 これは、木の樹脂分が、鉄に反応して、黒色になる訳ですが…、

 草木を煮だして造った、「草木染め」に使う煮汁も、同じように、鉄に反応して、黒色になリます。


漆塗り、箪笥の裏側、黒漆を塗る

 これを利用して、漆にちょっと、鉄の粉を入れて、黒漆を造ります。もちろん濾しますが…、。

 手っ取り早くは、漆に、塩化鉄を垂らして混ぜて造ります。

 
漆塗り、黒漆

  「黒漆」も、「透き漆」と同じように、仕事に合わせて、ブレンドして、使います。

  「ツヤの具合」、「粘っこさ」、「乾く早さ」などなど…、、「自分の使い勝手」に合わせます。

 
漆塗り、塗った黒漆が乾く

 塗った黒漆が乾いたところです。ウチでは、よく、下塗りに使いますが…、、


漆塗り箪笥の、塗った黒漆が乾いて金具をつける

 もちろん上塗りにも使います。


黒漆塗り箪笥の出来上がり

 黒漆を塗って、仕上げた、「黒塗りの箪笥」です。


 色々と、ご紹介させていただきましたが、

 ウチでは、こんな風にして、「天然の漆」を使わせて頂いております。



 
お問い合わせ
(ホームページ)は、こちらです。



 「お店のFacebookページ」もございます。

「私(大東)のFacebook」はこちらです。



ブログ村へクリック頂けたら嬉しいです。



にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ


 *この記事は、2015年2月2日の記事を、リニューアルしたものです。
関連記事
スポンサーサイト
2015-07-04 : 漆塗り : コメント : 0 :
Pagetop

傷を残して、桐箪笥再生

傷を残して、桐たんす再生、ヤシャ、トノコ化粧仕上げ

 鉋で、あまり削ったりずに、「古い傷を残して、トノコ化粧して再生した桐たんす」です。


傷を残して、、トノコ化粧して再生した桐たんすの引き出し

 引き出しですが、こんな具合です。


傷を残して、、トノコ化粧して再生した桐たんすの引戸

 引戸回りです。


傷を残して、桐たんす再生、古色化粧仕上げ

 こちらも、 鉋で、削らずに、敢えて「古い傷を残して、古色に色を付けて再生した桐たんす」です。


傷を残して、古色化粧して再生した桐たんすの引き出し

 引き出しですが、時代を感じる桐の木目です。。


傷を残して、古色化粧して再生した桐たんすの引戸

 引き違いの戸です。


傷を残して、、トノコ化粧して再生した桐たんす、引戸を開る

 引き戸を開けたら中はこんな感じです。


傷を残して、、古色化粧して再生した桐たんすの横側

 たんすの横側です。


傷を残して、トノコ化粧して再生した桐たんすの横側

 先程の、「白いトノコ化粧の仕上げの桐たんす」の横側です。

 同じように、「古い傷や凸凹」をそのままに、仕上げました。



傷を残して、トノコ化粧して再生した桐たんす、2つに分けて

 全体的にはこんな風です。


傷を残して、、古色化粧して再生した桐たんす、三ツ重ね

 「黒っぽい色に古色化粧した桐たんす」も、三ツ重ねにするとこんな風です。


傷を残して、、古色化粧して再生する前の桐たんす

 元々は、チョット傷んで古ぼけた桐たんすでした。

 「白っぽく仕上げた桐たんす」も、「黒っぽく仕上げた桐たんす」 も…、 随分と色々と、傷んでいて、直すところが多かったですが…、


 まず桐たんすを洗う

 ざっと、工程を紹介しますと、

 まず、水を流してよく洗って、よく乾いてから、直します。



桐たんす修理、本体裏板の割れ

 桐たんすの裏側です。木が縮んで割れていたり、色々傷んでいますが、

 よく乾いた桐材でも、長い間に繊維と平行に、だいたい「1%」…、幅1mで、約1㎝ほど、縮むから、傷んでくる訳ですが…、 



桐たんす修理、本体裏板の割れの修復

 裏板を外したり…、押し広げるように、縮んだ分を足して、幅を修正して、木釘を打って直します。


桐たんす修理、引き出し底板の割れ、底板を外して

 引き出しの底板も同じように傷んでることが多く…、、
 

桐たんす修理、引き出し底板の割れ、底板を外して修復

  たんすの裏側と同じように、底板を、一度、剥がしたりして、縮んだ分を足して、幅を修正して、木釘を打って直します。


桐たんす修理、引き戸の割れ、

 引き戸の割れも、


桐たんす修理、引き戸の割れ修復

 やっぱり、押し広げるように、桐の木を差し入れたりして直します。


桐たんす修理、脚廻り修復、台輪造り替え

 桐たんすの横側の「胴板」も、縮んで割れたりしていますので…、「横側の脚」も取って、締め直して「側脚」を新しく付けて直します。 


桐たんす修理、脚廻り修復、台輪新規製作

 「台輪」も、造り直したり、
 
桐たんす修理、引き出し前板替え

 引き出しの前板を、替えたりと、


桐たんす修理、修理が終わり、古色化粧する前

 色々と直したら、こんな具合です。(古色に仕上げる桐たんす)


桐たんす修理、裏板の修理

 裏側は、こんな感じに、直しました。


桐たんす修理、修理が終わり、古色化粧して再生

 そして、古色に色を付けて化粧したらこんな風です。


桐たんすリフォーム、新規、真鍮磨き金具

 金具は、新しいものに変えました。メッキせずに、「真鍮の磨き仕上げ」です。


古色に再生した桐たんす、新しい真鍮磨き金具を付ける

金具を付けたら、 金色の金具が目立ちます。
 

桐たんすリフォーム、修理が終わり、トノコ化粧する前

 「トノコで白っぽく仕上げる桐たんす」も、色々と直したら、こんな風です。


桐たんすリフォーム、修理が終わり、トノコ化粧して再生

 そして、トノコ化粧したら、こんな感じに納まります。。


桐たんすリフォーム、新規金具、箱取手

 珍しい「箱取手」ですが、傷んでるものは、新しい金具に替えました。


桐たんす再生、修理が終わり、トノコ化粧してリフォーム

 上置きも、とのこ化粧ですが、、こちらは、全て「箱取手」を替えました。


傷を残して、古色化粧して再生した桐たんす、納品

 「箪笥のキズはあえて残し、息子に父親が少年だっ頃に付けたキズ!として痕跡を残しておきたい。」

 「大正生まれの義母から、孫に引き継がせたい」との、

 お客様(奥様)の…、ご希望に沿うように…。 洗って…、お直して…、仕上げて…、お納め致しました。。
 
 もちろん、お義母様のご仏壇のある部屋に、箪笥を置くことになりました。



 
お問い合わせ(ホームページ)は、こちらです。


 「お店のFacebookページ」もございます。

「私(大東)のFacebook」はこちらです。



ブログ村へクリック頂けたら嬉しいです。



にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
関連記事
2015-03-08 : 桐たんす洗い、修理(再生、リフォーム) : コメント : 0 :
Pagetop

無垢桐たんす、手打ち漆金具

 ウチでは、桐たんすを、貼りものでない、無垢の桐の板を使ってお造りしています。


オーダーでお造りした桐箪笥、桐チェスト

 こちらは、「お客様のオーダー(ご注文)」でお造りした、桐たんすです。


桐たんす製作、総桐チェスト引き出しの仕込み

 引き出しを合わせて、仕込んだら、


無垢、総桐箪笥、桐チェスト

 こんな感じの、「柾目」が際立つ「無垢の総桐箪笥」です。


無垢、総桐箪笥、引き出し

 引き出しの納まり具合です。


無垢の桐をアリ組で組み付けた引き出し

 引き出しは、柾目の通った「無垢の桐の板」を、「アリ組」で組み付けています。

 「柾目の板は」は、チョット割れ易いですけど、狂いにくいので、引き出しや、前側に使います


無垢の桐をアリ組で組み付けた桐箪笥の天板と胴板

 桐たんすの天板と胴板の組み付けです。

 こちらは、無垢の「板目」の桐の板をアリ組で組んでいます。

 
無垢、桐たんす、側面

 無垢の桐たんすの横側です。

 本体胴回りには、「板目」を、使います。

 「板目」は、「柾目」と比べて、チョッと狂いやすいですがですが、割れにくく、強いからです。 



桐箪笥、(引き出し三段、寸法)
 
 幅1mで、引き出し三段です。


古い手打ちの鉄製の箪笥の金具

 さてコチラは、古い手打ちの鉄製の箪笥の金具です。


箪笥の金具、漆焼付け,

 サビを取って、「漆を焼付け」ます

 ウチでは、原始的な方法でやっていますが、いいわゆる「焼付塗装」です。

 簡単に言いますと、漆を焦がしつけると言いますか…。。。



箪笥金具、漆焼付けて、再生

 箪笥の金具、「漆の焼付け塗装」で仕上げたところです。

 それなりの雰囲気に再生できました。



箪笥の金具、爪足、新旧

 箪笥の金具を留める、「爪足(割足)」は、新しいものに取り替えます。


手打ち、漆塗り金具、桐たんす取り付け

 この「漆を焼付けた金具」を、「オーダー頂いた箪笥」の引き出しに取り付けます。


手打ち、漆塗り金具と桐たんす引き出し柾目

 「手打ちの漆塗り金具」は、引き出しの「桐の柾目」とよく会います。


無垢、総桐箪笥、金具は、手打ち漆塗り

 「無垢総桐箪笥、手打ち、漆塗り金具付き」です。。。。

 「桐の風合い」をそのまま活かし、化粧などせず、何も塗らずに…、、

 正真正銘の「桐の木地仕上げ」です。



手打ち、漆塗り金具付き、無垢総桐箪笥、引き出し
 
 引き出しを開けたところです。


引き出し3段、無垢、総桐たんす

 「桐、木地仕上げ」…、

 「引き出し3段、無垢、総桐のチェスト」…、

 「鉄製金具、手打ち漆塗り」です…。



小ぶりな無垢、桐たんす、カンナ仕上げ

 こちらは、カンナで仕上げているところですが、

 少し小さい「小ぶりな無垢の桐たんす」です。



小ぶりな桐たんす、天板

 引出し3段が入る「小ぶりな桐たんす」、天板の様子です。


小ぶりな桐たんすは、2つ重ね仕様

 小ぶりな「引出し3段」の上に、もう一つ、箪笥を上に重ねて載せます。

 小さいながらも…、「2つ重ねの桐たんす」になります。。


小ぶりな、無垢桐たんす、上置き、扉仕様

 上置きになる方は、「扉」がハマリます。


小ぶりな、2つ重ね無垢桐たんす

 こんな感じです。


小ぶりな、2つ重ね無垢桐たんす、図面と寸法

 「小ぶりな、2つ重ねの桐たんす」の「図面と寸法」です。


小ぶりな桐たんす、2つ重ね 木地仕上げ

 「チョッと小ぶりな、2つ重ね無垢桐たんす」です。。。

 こちらも、「桐の風合い」を活かした…、何も塗らない「桐の木地仕上げ」です。

 金具は、お客様お持ちの古い箪笥の金具を転用しました。


小ぶりな、無垢桐たんす、高さを揃え並べて使える仕様

 並べて「桐のチェスト」として、使えるように、「上置き」と「下置き」の高さを揃えました。


大東漆木工の近況、Facebookページ

ウチのお店の近況「Facebookページ」も、ご覧下さい


お問い合わせは、こちらです。





にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
関連記事
2014-12-15 : 桐たんす : コメント : 0 :
Pagetop

漆塗り箪笥、工程、Facebookより

 「Facebook」に投稿した、「漆塗り箪笥を造る」様子を、日付順に整理してご紹介しました。

 「漆塗り箪笥を造る工程」がよく分かります。ぜひ、ご覧ください。


 「大東漆木工(おおひがしうるしもっこう)のFacebookページ」は、クリックして、どなたでもご覧いただけます。


 「漆塗り箪笥」を造るには、まず、「桐たんす」を造ります。
 
 桐材を、木工機で挽き割り、木取ります。



漆塗り箪笥、桐材
 漆塗り箪笥の木地には、ウチでは、桐材を使います


















 これから、漆を塗る工程になります。

 桐で、漆塗り箪笥の木地を造ったら、まず、生の漆を木地に浸み込ませて、漆で木地を固めます






































 私の「大東 伸哉(おおひがしのぶや)のFacebook」も、アカウントを取るとご覧いただけます。
 
大東伸哉
 ぜひまたご覧ください


お問い合わせは、こちらです。





にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

関連記事
2014-11-12 : 漆塗り : コメント : 0 :
Pagetop

桐たんす再生、 Facebookより

 「Facebook」に投稿した、「桐たんすのお直し」の様子を、日付順に整理してご紹介しました。

 「桐たんす再生の工程」がよく分かります。ぜひ、ご覧ください。


 「大東漆木工(おおひがしうるしもっこう)のFacebookページ」は、クリックして、どなたでもご覧いただけます。







私の「大東 伸哉(おおひがしのぶや)のFacebook」は、アカウントを取るとご覧いただけます。





















私の「大東 伸哉(おおひがしのぶや)のFacebook」も、アカウントを取るとご覧いただけます。
 
大東伸哉
 ぜひまたご覧ください


お問い合わせは、こちらです。





にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ



関連記事
2014-09-20 : 桐たんす洗い、修理(再生、リフォーム) : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

 大東伸哉・おおひがしのぶや

Author: 大東伸哉・おおひがしのぶや
 京都生まれ
 主にオーダーで、桐たんすをはじめ、水屋箪笥、机等、無垢の木で家具を造っています。
 漆塗りの職人(塗師)でもあります。
 桐箪笥や和家具の洗い修理、再生(リフォーム)や、漆の塗り直し等もしています。
Nobuya Ohigashi

バナーを作成

ウチのお店の近況です

大東漆木工(おおひがしうるしもっこう)


ウチのお店の近況です。 どなたでも、ご覧頂けます。 ぜひご覧ください。

最新記事

お問い合わせ頂けたら嬉しいです

お問い合わせは、下記のメールフォームか、ホームページよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック


にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。